英語のネイティブとは趣味を通して親しくなるのが一番

英語ネイティブの友達を作りたいけれども留学をする余裕はない、という人もいるでしょう。
その様な人は趣味を通じてネイティブの友達を作るのが一番です。
自分が興味があることなら会話が上手くできなくても一緒にいるだけで楽しい時間を過ごすことができます。

英語ネイティブの友人と知り合える場所としてお勧めなのが、ライブハウスとスポーツ観戦です。
特に都心や米軍基地のライブハウスにはネイティブの人が多く、知り合うチャンスがあります。
音楽を楽しんでいるのですから機嫌が悪い訳はなく、大抵の場合は話しかけても気軽に応対してくれます。
スポーツ観戦の場合、後ろの方の席にネイティブが大勢座っていることが多くあります。
あまりに大勢だとノリが派手過ぎてついていけないので、3人~5人位で来ている人に話しかけましょう。
共通の趣味があれば過去の自分の経験や今後の予定などを話せて、連絡先や次回会う約束まで取りつけることができます。

ネイティブの友人と付き合う時に注意したいのは、日本人特有の社交辞令が通じないという点です。
日本人は「週末に自宅に遊びにおいでよ」「今度飲み会においでよ」と誘われた時に、すぐに断るのは悪いと思って「行けたら行く」という曖昧な返事をする人が多くいます。
ネイティブにとっては「行けたら行く」はほぼ100%「行く」となります。
誘われたら曖昧な返事はしないこと、多少気が進まなくても折角のお誘いですから良い経験と思って受けるべきと思いましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加