英語を勉強する理由を明確に

日本人はよく英語をもっと学びたい、話したいなどと言いますが、その学ぶ目的は何かを最初に明確にしておかなければ、頑張って勉強したところであまり意味は無いかもしれません。

就職に必要なのでとにかくTOEICの点数を短期間で上げたいというのなら、TOEIC対策の問題集を繰り返しすれば点数アップは見込めるでしょう。TOEICの試験はコツがあるので、そのコツを掴む試験対策に慣れれば殆どの人は前回よりも良い点数に繋がっていくのではないでしょうか。

TOEICで良い点数は取れるのだけれど、会話となると全く続かないという人が多いのも日本人の特徴です。
日本の大学受験をした人なら、文法やある程度の単語は頭に入っているようですが、机の上、試験会場だけでしか実力発揮出来ないというのはこれもTOEIC問題を繰り返し解けば点数が上がるのと同じで、会話の場面に慣れていけば会話力は必ずアップします。

日常生活の中で英語を話さなければ生きていけない環境だから勉強するのか、仕事上ビジネス英語を理解しなければいけないのか、取り敢えず今はテストの点数を上げる事を目標にしているのかなど、自分の置かれた状況をまず判断して何が1番に重要かという事を見極めてください。

また、英語話せない!とスピーキングにばかり夢中にならず、リスニング、聞く力をつけましょう。聞き取れれば自分の口からも必ず単語が出てくるようになります。知らない単語は聞こえない。聞こえないから話せないという事を知っておきましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加