英会話をするのにネイティブ並の英語は本当に必要か

34.20151014152902

Q. ネイティブのような英語を使いこなせるようになるには?

ネイティブのような英語を身につけたいと思っていますが、よく英語サイトなどで「ネイティブは使わない英語」「日本人の間違った英語」などの記事を見かけます。そんな記事を読むと、自分の英語に対しても不安になりますが、本場の英語を学びに海外留学などをする時間もありません。日本でネイティブの英語を勉強するには、どのようなことに気をつけたらいいのでしょうか?


20150828001124

A. ご存知のとおり、ネイティブのような英語を使いこなすのは、かなりハイレベルなことです。偏ることなく、スピーキング・リーディング・ライティング・リスニングの力をつけ、ひたすら努力を続けるのみです。しかし英語を使いこなすためには、もっと意識してほしい重要なポイントがあります。それは「言いたいことが伝わること」です。

■私たちにとって英語は「第二言語」

まず、あなたが使えるようになりたいという「ネイティブのような英語」とは、ネイティブスピーカー(英語を母国語とする人)のような正しい文法・発音・言葉の選び方・文の組み立て…ということになります。もちろんそのような英語を話せるようになることは大変立派なことです。しかし、英語が第二言語である私たちには非常に難しいことでもあります。

■共通語としての英語とは

現に世界中で使用されている「英語」を考えてみてください。英語を第二言語とする様々な国の人々が使用している「英語」です。国際化が進みグローバルビジネスが発達した今、多くの人々が英語を使って意思疎通を図っています。素晴らしいことですね。

さて、彼らの使用している「英語」は、ネイティブスピーカーの話す英語と比べてどうでしょう?発音には国独特の訛りやイントネーションがありますし、使用している単語も比較的分かりやすいものばかり。到底ネイティブスピーカーと同レベルとは言えません。しかし、彼らの会話は成り立っており、誰もそれを中傷することはありません。肝心なのは「意思疎通ができる」ということなのです。

■プロセスが大事

「ネイティブスピーカーのような発音はかっこいい」「彼らの言い回しはユニークで魅力的だ。彼らのようになりたい」このような最終ゴールを目標に掲げている人も多いはずです。しかし、そこにたどり着くまでのプロセスも考える必要があります。最終ゴールにたどり着く前に挫折してしまうようでは意味がありません。まずは「通じる英語」を目指されてはいかがでしょうか?

■「通じる英語」は「スマートで愛される英語」

通じる英語とは、簡潔で分かりやすい英語。「Simple is the best.」その言葉のとおり、シンプルな英語こそベストです。シンプルな英語は、日本人が思うよりもネイティブスピーカーに対して好印象を与えます。言いたいことを手短にまとめてはっきりと発言する姿は、とてもスマートな印象を受けます。

また、前述したように、国際化の進む現代で私たちが英語で会話をする相手は、ネイティブスピーカーだけとは限りません。世界中の英語を第二言語とする人々に対してもシンプルな英語は理解しやすく、また親切であると言えます。

これからの時代に必要な英語、それは必ずしもネイティブスピーカーと同レベルのものではなく、シンプルで理解しやすい「通じる英語」なのではないでしょうか?基本的な文法、言いたいことをまとめる力、伝わる発音。これらを学び鍛えていくことで、あなたの英語を使用する場はもっともっと豊かになることでしょう。「世界に通じる英語」を身につけてください。