コスパの高いラジオ英会話を10倍効率よく学ぶための4つのステップ

20150909221928

Q. 英会話を学びたいと思い、NHKラジオ英会話をこの前から聞き始めました。いまはテキストを見ながら聞いているだけですが、これで本当に上達するのかなぁ…とちょっと不安に思っています。ラジオ英会話で効果よく英会話を学ぶコツはありますか?

diveintoheart

A. NHKラジオ講座は毎日放送があり、無料でスタートできるので気軽に始められる学習方法ですね。テキストやCDを購入しても格安なので、コスパが高い(※)ことも人気の理由です。

(※)NHKラジオ講座の先生は外国語大学で教鞭をとる現役のプロフェッショナルです。次々と新しく市販される英会話教材と違って目新しさはありませんが、実は毎年講座内容を少しずつバージョンアップしており正統派の学習方法なんです。

ただ、一方でご質問のように「私のやっている学習方法で本当に上達するのかな?」とか「講座の進むペースが速すぎる」といった声も多く聞かれるのも事実です。そこで、この問題を解決して、楽しく継続しながら英会話を効率よく学ぶための4つのステップをご紹介します。

ステップ1 まずは通して聞くことが大切

ラジオ講座での英会話学習は復習することが重要ですが、最初は一度通して聞くことが大切です。日本語の説明と共にネイティブの先生が話している言葉を注意深く聞きましょう。この時、テキストのスキット部分も合わせて読みながら学習します。

ステップ2 復習方法で学習効果に差をつける

ステップ2でも同じレッスンを復習するのですが、今度は日本語での説明部分は全て省き、英会話のスキット部分だけを聞くようにします。ラジオ講座の場合はCDが発売されていますので、itunesなどに取り込めば英会話部分のみを抽出したプレイリストを作ることができます。このプレイリストを利用することで、15分の講座を時間短縮して効果的に復習することができます。

ステップ3 次は書き取りにチャレンジ

ステップ3も英会話部分のみの復習ですが、今度は紙を用意します。聞き取れた単語があれば書いていきます。スペルがわからないものがあっても、予想でもカタカナでも良いので書き込みます。

次にテキストと見比べます。見比べると、どの部分が聞き取れてどの部分が聞き取れていないのかが一目でわかります。一つの単語だと思ったものが二つの単語が繋がって聞こえていた、など英会話特有の特徴にも気付くことができます。

ステップ4 声に出して真似することで飛躍的に会話力アップ

ステップ4では英会話の聞き取れた部分から、実際に声を出して後追いして真似してみます。聞き慣れない場合はテキストを見ながらでもいいですし、スピードについていけない時は停止しながら単語ごとにゆっくり真似をします。文章全てを言えなくても大丈夫です。実際声に出すことで、文章のテンポに耳も口も慣れていきます。

まとめ 簡単すぎるぐらいが丁度良い 復習メソッドの合わせ効果でいつの間にか上達

このように、ラジオ講座の一つのレッスンを違う角度から何度も学ぶことが大切です。このステップを繰り返すことで効果的に英会話を上達させることができます。4月のレッスンを何度も復習し、簡単に感じられるようになってから5月のレッスンに進みましょう。

講座のペースについていくことよりもご自身のペースを大切にしてください。少し難しく感じたら前のレッスンに戻るぐらいの気持ちでいることで、楽に学習を継続させることができると同時に英会話を上達させることができます。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする