英語学習のモチベーションを維持するために行った私の方法

20160204_Gnolly_10_英語学習のモチベーションを維持するために行った私の方法

Q. 英会話習得には、長く学習を続けることが大事だそうですが、モチベーションの維持がなかなか難しいと思います。モチベーションを高く保ち続ける方法は、何かありますか?

diveintoheart

A. まずは、学習している目的を明確にして、目標を持つことです。さらに、上達の度合いを適宜確認することです。方法としては、資格試験を受験したり、外国人と実地で会話をすることです。

■方法はさまざまだが

TOEICや英検などの試験を受けて、点数で確認するのもひとつの方法だと思います。これでモチベーションが上がること自体は良いことですが、会話力とはあまり結びつかないので、実際に会話する機会を作ることが一番でしょう。

「外国人の友人を作るとよい」とよく言われます。インターネットで簡単に世界中の人々と交流ができる時代ですから、ネットで会話ができるお友達を作ってもよいでしょう。ただ、よい人が見つかるまでがかなり難しいようです。見つかればその人との会話自体も勉強になるのでとてもよいことだと思います。

■お勧めは海外旅行

海外旅行に行けば、必然的に英語を話さないといけないので、上達の度合いがはっきり確認できます。私の場合は、英会話スクールに通い始めたばかりの頃に海外旅行に行って、試してみました、少し話せるつもりだったのにぜんぜん単語が浮かんでこないことばかり続いて、打ちのめされました。このときは「ぜんぜんダメだ、もっともっと頑張らなくちゃ」とモチベーションが大きく上がりました。

その数年後に、英会話スクールでクラスのレベルがアップした直後に妹と一緒に旅行したのですが、何か確認したいことがあったとき、以前は「どうするんだろうね」とそれ以上何もせずに終わっていたのに、「じゃ、私聞いてくる」と、躊躇なくホテルやお店の人に話しかけたので、妹に驚かれました。このときは上達だけでなく、意識と行動の大きな変化を実感しました。

「英語学習に既にお金がかかっているのに、海外旅行に行くお金の余裕はない」と思われるかもしれません。でもせっかく英語を勉強しているのに、1回も外国に行かないというのは、なんだか残念です。頻繁でなくてよいですし、近場に数日でよいのですから、ぜひ機会を作ってみることをお勧めします。

■海外旅行で大きな効果を出す方法

さて、せっかく行った旅行なのですから、最大限の英語学習効果を出しましょう。そのための私の方法をご紹介します。英語のレベルとしては,頭の中で英文を組み立ててから話す段階を想定しています。即座に英語が出てくる段階の一つ前です。

このぐらいのレベルでしたら、「何か話しかけて聞いてみよう」と思ったときには、頭の中で前もって英文を組み立てる工程があります。その英文を、使ったあとに書きとめるのです。一生懸命考えたはずですから、その場ですぐ書かなくても、1日の終わりとか、帰国便の中とかでも思い出せますよね。それを書いておきます。後日、少し上達した頃に読み返してみると、良かった点も悪かった点も、文法の間違いも一目瞭然です。また、書いたことでしっかり記憶に残り、次の時にはもっと上手に話せます。私はいつも旅行中に日本語で旅日記を書いているのですが、英語を話そうとした状況と実際に話した英文も、日記の中に書き留めておいていました。例えば、

  • ホテルのチェックアウトの明細に見覚えのない請求があったので、NHK英会話の番組で見たフレーズを思い出して ”What is this $18 for?” と聞いて、ちゃんと訂正してもらうことができた。
  • 義弟へのお土産に買ったシャツのサイズが小さすぎることに翌日気づいて、お店で “I bought this yesterday. But I picked the wrong size. Could I exchange it for a bigger one?” と聞いたら、無事交換してもらうことができた。

などなど。他にもうまく通じなかったことも書いています。何年経った後でも読み返すと、悪戦苦闘していた様子ともに、旅行中のそのときの詳しい状況も昨日のことのようにはっきり思い出せて、楽しいものですよ。次回旅行の機会ができたら、ぜひこの方法を実践してみてください。

The following two tabs change content below.
diveintoheart

diveintoheart

英語も日本語も、相手の心に入り込むような会話をしたいものですよね。そんなお手伝いをさせていただきます。
スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加