英語の発音をよくする効果的なトレーニング方法とは

20150715_心構え_poohish2_5_英語の発音をよくする効果的なトレーニング方法とは_01Q.よく英会話習得方法のコラムなどを読むと、「発音はそこまで重要ではない」ということがよく言われています。そういうものを読んで、発音がネイティブのようではなくても、ちゃんと通じることは解りました。

ですが、私は洋画などを見ていると、あんなふうに喋りたいと思ってしまいます。ネイティブの発音に近づけるような練習方法はないのでしょうか。

A.英語学習者が発音の不正確さに悩んでいる場合は、発音の不正確さのために英語が通じていないというわけではないというお話をします。それは、そこばかりに気を取られてしまうと、伝えようという気持ちが弱くなってしまい、相手に言っていることが通じないという結果を招くからです。

あなたのように、発音をネイティブのようにしたいという場合は、英語学習の方法も変わってきます。まずは体から覚えて、あとから文法や語彙力をつける方法でも英語は話せるようになります。たまに、発音はネイティブに近い程ものすごく良いのに、言っていることは中学生英語レベルという方もいらっしゃるくらいです。

ネイティブのような発音にする方法は様々です。ですが、どんな方にも共通してやるといいのが、自分が喋っているところを録音してみることです。スマホですと録画機能で録音することができますし、ICレコーダーをお持ちであれば、それを使うのもいいでしょう。

20150715_心構え_poohish2_5_英語の発音をよくする効果的なトレーニング方法とは_02発音の矯正をするのが目的なので、読み上げる英語はネイティブがそれを読み上げている音源のあるものにしましょう。何の教材でも構いません。洋画がお好きなら、英語学習者用にスクリプト付きのCDが売られていたりしますから、それにするといいでしょう。

1日にあまり大量にやると続かないので、1、2文ずつなど少量ずつやりましょう。自分が特にこの部分がかっこいい!と思う部分だけでも結構です。まずは音源を聴かずに、スクリプトを見て録音しながら自分で読み上げましょう。一度自分の吹き込んだものを聴きます。

次に、ネイティブの音源を聴いてください。ネイティブの音源を聴くときには、スクリプトを見ながら、自分の発音と違うと感じるところにチェックなどをしてみましょう。何度か聴いてみると、なんとなく真似が出来るようになっていると思います。その文章をスクリプトを見なくても言える程になったら、また自分の声を録音してみましょう。

20150715_心構え_poohish2_5_英語の発音をよくする効果的なトレーニング方法とは_03どうでしょうか。ちょっとネイティブに近づけたように思いませんか?語学は反復練習が必要ですから、これを始めた初日にはネイティブのようにはなりません。でも毎日のように続けていれば、そのうち大分ネイティブに近づいてきます。

日本人が英語を喋って、どうも日本人英語だと感じさせる理由は、発音の悪さよりは英語のリズムに乗っていないという方に原因がある為、単語単位ではなく1文単位で真似をすることに意味があるのです。

但し、単語自体の発音もあまり良くないという場合は、音の訓練もしましょう。日本人が苦手とする、th、R、Lの音、また母音の細かな違いについて練習をしていきます。これは、単語単語で吹き込みがしてあるCDがあるといいですね。発音記号が読めるようになるともっといいです。体で覚えるよりも頭で覚えるのが得意な方には、特に「フォニックス」というものをおすすめします。

最初はなかなか思い通りの発音ができずに落ち込むこともあるかと思いますが、続けていれば憧れの俳優・女優のような喋り方だってできるようになりますから、安心してください。

The following two tabs change content below.
activepooh55

activepooh55

旅と英語のことならなんでも!海外に長いこと住んでいたので、ツアーを使わないディープな旅行経験もたくさんあります。英語はたくさんの壁にぶつかりつつ、なんとか克服してこれたので、そのあたりお伝えできればと思っています。
スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加