英語の先生が「Why」と聞いてきたらどうしたらいい?

20150707_poohish2_1_英語の先生が「Why」と聞いてきたらどうしたらいい?_01Q.英会話教室に通っています。まだ初心者クラスなのでフリートークのようなものはないのですが、教材に沿って質問をしたり、それに答えたりといった練習をロールプレイでします。

他の生徒さんとロールプレイをする時は、特に問題もなく終わるのですが、ロールプレイの相手が先生になると、必ず「Why?」と聞かれます。質問にはちゃんと答えているはずなのですが、なぜ「Why?」と聞き返されるのでしょうか。理由なんてない時の方が多いのですが。

A.まだまだ英語があまり話せないレベルの方々は、この質問を聞かれすぎてつらくなる時があるでしょう。英語講師たちが、あなたの回答に対して「Why?」と理由や意見を求めるのは、自然に英語を話す機会を出来るだけ与えようとしているからです。

例えば、こんな感じでは無いでしょうか。

講師:Do you like soccer?
生徒:Yes, I do.
講師:Why do you like soccer?

これはちょっと例文が簡単過ぎますが、流れとしてはこのような感じでしょう。講師によっては、Whyではなく別の質問をするかもしれません。

20150707_poohish2_1_英語の先生が「Why」と聞いてきたらどうしたらいい?_02まず知っておいて欲しいのですが、この質問は別に真剣な質問ではありません。あなたに英語で説明をすることに慣れて欲しい為にしている質問なので、答えが思いつかない場合、回答は別に真実でなくても大丈夫です。英語講師達は、出来れば「Yes」だけで終わらない、話が膨らむような回答をして欲しいと思っています。英語で話すとき、それが自然な回答の仕方だからです。

上記の例文で行くなら、「Yes, I do. I sometimes play soccer with my friends.」のように、続けることができますよね。こうやって答えると次の質問は「Why?」以外の質問になり、話しも膨らむでしょう。英会話教室でそんなふうに思われることはありませんが、実際の雑談のような会話の中で、質問にYesだけで答えてしまうと、相手に「あんまり話したくないのかな?」と思われてしまう可能性もあります。

Q.なるほど。つまり、私の回答がいつも短過ぎるということですよね。そういえば、いつも教科書どおりの回答しかしていませんでした。でも、確かにそれだと誰かと雑談する時には、不自然ですね。でもまだ英語があまりうまく話せないのですが、話を膨らませるためにはどうしたらいいのでしょうか。

A.先程述べた通り、英語講師も内容についてはそこまで気にしていません。ですからとても簡単なことで大丈夫です。ですが、ロールプレイとなると毎回テーマが違いますから、事前に準備しておくのは難しいかもしれません。

20150707_poohish2_1_英語の先生が「Why」と聞いてきたらどうしたらいい?_03これは文化の差なのでしょうけれど、英語圏で会話をする時は頻繁に意見を求められますし、質問に一言で答えることはあまりありません。「これが好きですか?」「はい。」のような単調な会話をすることはあまりないでしょう。

また、話している内容によっては、どうしてそう思うのか、どう思っているのか、どうしたいのか・・・などといった会話をするのが普通です。ですから日頃から、そういう会話が出来るような訓練をするといいでしょう。

例えば何かを食べておいしいと感じたら、誰かに英語で「おいしい?」と聞かれている気分になってみましょう。それにまた自分で答えます。「Yes, I love it! It’s very tasty.」のような感じです。

また、テレビに好きな芸能人が出て来たら、「Do you like him/her?」と自分に対して聞きましょう。そして、「Yes, she’s so pretty. I love her smile.」のような感じで答えましょう。

雰囲気は掴めたでしょうか。この質問はちょっと単純過ぎるのですが、こんな単純な質問にも最低2文以上で答えるという訓練をしていると、そのうち自然とそれが身に付くでしょう。1人で居る時は口に出してもいいでしょうし、頭の中で言っても構いません。そして英語講師の「Why?」攻撃に困る事も無くなります。

The following two tabs change content below.
activepooh55

activepooh55

旅と英語のことならなんでも!海外に長いこと住んでいたので、ツアーを使わないディープな旅行経験もたくさんあります。英語はたくさんの壁にぶつかりつつ、なんとか克服してこれたので、そのあたりお伝えできればと思っています。
スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加