いざ外国人と英語で話すと文法がメチャクチャ。どうしたらいい?

20150612_sni1717_3_いざ外国人と英語で話すと文法がメチャクチャ。どうしたらいい?_01Q. 最近ようやく英会話に慣れてきて、段々英語が話せるようになってきました!簡単な会話だとちょっとした文章もすぐ頭に浮かんで出て来ますし、慣用句もバッチリです。ただ、いざ外国人の前で話すと文法がメチャクチャで。。。

過去形のことを話したいのに現在形になってしまっていたり、複数形の”S”を付け忘れたり。。。話した後で、「あ、間違えた」って気づくんです。どうしたら正確な文法で話せるようになりますか?

A. 英語を話す時は文法をちょこっとだけ意識する。ただし、意識を向けすぎると英語は話せなくなります。

20150612_sni1717_3_いざ外国人と英語で話すと文法がメチャクチャ。どうしたらいい?_02

私の周りの英語教師(ネイティブスピーカー)は、「日本人は本当に文法に固執してる」と口を揃えて言います。言われてみれば、そうだなぁと。なんだか国民性が出てますね?(笑)文法が正確で、発音も綺麗じゃないと!っていう意識の高い生徒さんが多いらしいです。とっても良いことだと思います。ちなみに私も同じ考えです。

でも、これだけ意識の高い英語学習者が多い中、なぜ日本人の英語(主に会話)は他の国の英語学習者に比べると上達しないのでしょうか?大きな理由の一つに、「文法の正確さを意識し過ぎていること」が挙げられます。

あなたが今まで出会った、日本にいる外国人を思い出してみてください。流暢な日本語を話す外国人ももちろんいますが、みんな文法ってあんまり正確じゃないけど、ポンポン日本語話してませんか?

過去のことを話しているんだろうけど、現在形で話していたり…。でも彼らはそんなことお構い無しに会話を楽しんでいます。ここが、彼らの日本語上達の強みなんです。

20150612_sni1717_3_いざ外国人と英語で話すと文法がメチャクチャ。どうしたらいい?_03

実は、「あ、今、文法間違えちゃった」って、意識できているだけで十分なんですよ。間違いに気づいているのだから、それは確実に上達している証拠。次はほんのちょっとだけ、意識して話せば良いんです。ただし、そこに意識を向けすぎると次の文章が中々出てこなくなるので気をつけてください。

文法を会話の中で意識するのは、ほんのちょこっとだけですよ!ちょこっとだけ!!ゆっくりだけど、確実にあなたの文法は上達しているのですから。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加