英会話レッスンで気詰まりにならないためにはどうすればよい?

ネイティブの先生との英会話レッスンが気が重い

記事_20150428_英会話教室で気詰まりにならないためには

Q. この4月から一念発起して英会話教室に通っています。ネイティブの先生とテキストブックを元にレッスンを受けるタイプの授業です。そのテキストブックに書いてあることを話しているときはいいのですが、フリートークとなると途端に言葉に詰まってしまいます

先生の方も気を回して「最近何が面白いことあった?」などと質問してくれているのですが、そう言われてもパッと出てこなくって困っています。

特に先日はグループレッスンのはずだったのですが、他に誰もいなかったので、自分が答えなかったら話が進まない状況になってしまい、とても気詰まりのするレッスンとなりました。ネイティブの先生と気まずくならないようにするためにはどうしたら良いのでしょうか?(30代男性)

ネイティブだって笑いたいし、面白い話をしたい

A. ネイティブを笑わせたり、感心させたりすることは難しいことだと思っていませんか?彼らも同じ人間なので面白い話には身を乗り出してきます。逆に「世界の貧困問題について」といった堅い話には付き合ってはくれるでしょうが、あまりノリ気にはならないでしょう。

あなたは普段、仕事の同僚や家族とどういう話をしていますか?そんな堅苦しい話はしていないはずです。普段日本語でしている会話で、相手がクスっと笑ったネタを思い出してみてください。そしてネタが決まったら、それをある程度英訳してみてください。全てを英語で準備する必要はありません。あくまでも困ったときのサポート程度に使うものです。

実際の英会話でも、きれいな文章で話す必要はありません。キーワードだけでも挙げていけば、相手は類推していってくれます。究極、メモを見せれば伝わるはずです。うまく話すのではなく、言いたいことが伝わるという経験を積んでいってください。

あくまでも、自分の日常生活の延長線上に英会話を置くように意識するとうまくいきやすいと思いますよ。頑張ってください。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加