英会話を学ぶ中でネイティブと友人になりたいのに、知り合いの関係から先に進まないときはどうしたらいい?

13-1

ネイティブと友だち関係になれないことには様々な理由がありますが、「日本人はあまり冗談を言わないため、なかなか打ち解けにくい」というのが大きな理由の一つです。

相手を笑わせる話題を持っていますか?

ネイティブと話したことがある方は、そのとき「自分の冗談で相手が笑ったか」を思い出してみてください。ネイティブと話したことがない方は「相手を笑わせられるような話題」を持っているか考えてみてください。

どうでしたか?私たちは学校教育の影響から、英語で会話するときに試験に出てくるような「環境問題」や「偉人の話」などの堅苦しい話をしてしまうことが多いのではないでしょうか。しかし、ネイティブは「恋愛」「愚痴」「噂」「趣味」など「あなたが本当に興味を持っていること」を話したいと思っているのです。

相手を日本人に置き換えて考えてみてください。いつも堅苦しい話ばかりしてくる日本人がいたら、あなたは友人になりたい・仲良くなろうと思いますか?あまり思わないのではないでしょうか?ネイティブだって同じなのです。

「文化が違うのだから話をしても分からってもらえないのでは?」と思ってしまうかもしれませんが、日本人が面白いと思うことは話し相手のネイティブだって面白いと思う可能性が高いものです。

学生時代の失敗談、友人がドジをした話、自虐ネタ…。自分が一番面白いと思う話をあらかじめ準備し、英語で説明できるようにしておいてネイティブに話してみましょう。きっと相手も心を開くようになるはずですよ。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする