私が大学受験で使った英語教材ランキング「ベスト3」

20150902 私が大学受験で使った英語教材ランキング「ベスト3」主に大学受験対策として購入した教材です。英語が苦手だったのですが、志望校の二次試験に英語があったので、高校三年生になってから一年かけて、センター・二次試験対策をしました。

とにかく大学受験では長文が大事です。センターでも半分以上、二次試験でも長文が出るところがほとんどだと思います。主に長文の読解力向上のために上記の教材で勉強しました。

【大学受験用教材ランキング3位】やっておきたい英語長文500

  • 購入金額:957円
  • 総合評価:★★★★★
  • 項目別評価
    ・内容は自分に合っていたか ★★★★
    ・解説はわかりやすかったか ★★★★★
    ・学習は継続しやすかったか ★★★
    ・サポートは充実していたか ★★★★

「やっておきたいシリーズ」のうちの二番目に文字数が少ない問題集です。このほかに700と1000もありますが、そちらは少々難易度が高いので難関大学受験者向きだと思います。センター英語や国公立受験者の試験対策に向いている教材です。

実際に大学入試で出された問題の中から様々なジャンルのものを選んでいるので、とてもやりがいがあります。全部解くことでかなり長文に関しては力がつくと思います。国公立受験を目指す人におすすめしたい一冊です。

【大学受験用教材ランキング2位】やっておきたい英語長文300

  • 購入金額:987円
  • 総合評価:★★★★★
  • 項目別評価
    ・内容は自分に合っていたか ★★★★
    ・解説はわかりやすかったか ★★★★★
    ・学習は継続しやすかったか ★★★★
    ・サポートは充実していたか ★★★★

この教材は、主に大学受験対策として使っていました。「やっておきたいシリーズ」の中では一番語数が少ない長文問題集です。だいたいが300語前後の長文なので、長文問題が苦手な人におススメです。解説もしっかりしているので、分からない所も解答を見るとすっきりわかります。

問題数が豊富なので、数をこなすにつれて読解力は確実にアップすると思います。記述式なので、二次試験対策にも使えると思います。長文問題の基礎を固めるにはうってつけの教材です。

【大学受験用教材ランキング1位】システム英単語

  • 購入金額:1,080円
  • 総合評価:★★★★★
  • 項目別評価
    ・内容は自分に合っていたか ★★★★★
    ・解説はわかりやすかったか ★★★★★
    ・学習は継続しやすかったか ★★★★
    ・サポートは充実していたか ★★★★

高校のときに受験対策を兼ねて使用していた教材です。単語帳は他にもいくつか使いましたが、この「システム英単語」が一番良かったと思います。その大きな理由として、各単語に一つずつ書かれている「ミニマルフレーズ」の存在があります。これは数語で構成された短い英文のことです。

単語と日本語の意味とを照らし合わせるだけでは、やはり記憶に残りにくいものです。このミニマルフレーズは、覚えやすく短い文なので記憶にも残りやすく、効果的に英単語が覚えられます。あとは多義語が多い点もこの単語帳の嬉しい点です。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする