仕事が忙しくても英語を習得する方法とは

20150712_poohish2_3_仕事が忙しくても英語を習得する方法とは_01Q.英語が話せることに憧れて、もう何年も英語を勉強しようとテキストだけは何冊か買ってあるのですが、どうしても仕事が忙しく勉強する時間が取れずにいるため、あまり上達した感じがしません。勉強は主に土日にやっているのですが、休みの日もやることがあったりして、毎週できるわけではありませんし・・・。忙しい社会人にとって、英語を習得するのは無理なことなのでしょうか。

A.社会に出てから英語の勉強を始めるという方も少なくありませんから、仕事をしているからといって、英語が話せるようにならないということはありません。残業が多い職場だと、勉強時間を確保するのは確かに大変だと思います。ですが、ちゃんと続ければ英語を習得することは可能です。

まず気になったのが、英語を勉強するのが土日だけという点です。一回につき何時間やっているか解りませんが、毎週というわけでもないということで、英語を勉強する頻度は比較的低いのだと思います。

実は、語学の習得をするには、1週間に1回2、3時間勉強をするよりも、毎日10分でも勉強した方が効率が格段に良いのです。人間が集中出来る時間というのは限られていますから、2、3時間やってもその間集中している時間はもう少し少ないでしょう。

そして、記憶というのはとても印象強いものでない限り、何度も反復して定着させる必要があります。しかし、時間を置いてしまうと、この反復による定着の力がなくなってしまうのです。つまり、せっかく2、3時間勉強をしたとしても、実際に定着した記憶として残っているのは、その勉強した内容のうちのごくわずかなのです。ですから時々しか勉強をしない方は、なかなか上達できずに悩んでしまうということです。

20150712_poohish2_3_仕事が忙しくても英語を習得する方法とは_03では、どうすればいいかというと、1日10分でもいいので英語に触れる時間を作る事です。テキストはTOEICの問題集でも、英検の問題集でも、単語集でも構いません。出来ればCDなどの音源があるものにしましょう。それを使って、自分なりにどうやって英語を勉強するかを決めます。

それを決めたら、1日に無理なく出来るページ数や単語数を決めます。1ページでも構いません。まずは問題を解いたり、単語を覚える行為を行います。次に、必要であれば答え合わせなどをします。ここでは、むしろ間違っている方が記憶に定着しやすくなります。

次に、音源があれば、自分が勉強した部分の音源を聴いてください。2、3回聴いたら、今度は自分で声に出して音読してみましょう。これも2、3回出来ると良いでしょう。これを、3日程度を1セットと思って行います。2日目は次のページ、3日目はまたその次のページといったら、4日目は1日目にやったページに戻ります。5日目は2日目にやったページですね。これを繰り返して、簡単に解るようになったページについては、飛ばして次のページに進みます。

20150712_poohish2_3_仕事が忙しくても英語を習得する方法とは_04ここで大事なのは、テキストの選択です。自分にとって難し過ぎるものではいけませんし、楽しめるようなものだととてもいいです。そして、10分で終えられるような長さを1日分にすることも重要です。15分、20分ともっと長く取れる方は時間を長くしても構いません。ですが、30分位までにしておきましょう。それ以上は集中力が持ちません。

どうでしょうか。これなら忙しくても出来る気がしませんか?この方法を根気よく続けていると、数週間程度では効果を実感できないと思いますが、数ヶ月経つとかなり違ってきます。毎日英語に触れることで、英語を理解しやすい脳が作られるのですね。慣れてきて英語を読むスピードが早くなれば、長文読解などに挑戦するのもいいでしょう。継続は力なりと言いますし、忙しくても続けていれば必ず英語が話せるようになりますから、がんばってくださいね。

The following two tabs change content below.
activepooh55

activepooh55

旅と英語のことならなんでも!海外に長いこと住んでいたので、ツアーを使わないディープな旅行経験もたくさんあります。英語はたくさんの壁にぶつかりつつ、なんとか克服してこれたので、そのあたりお伝えできればと思っています。
スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加