中級者へのステップアップを図るおすすめ英会話教材三選

20150908 中級者へのステップアップを図るおすすめ英会話教材三選ある程度英語を理解できたとしても、実用的なリーディングや発音にはまだまだ壁があるのが現状です。今回挙げた三つの教材は「英語に対して抵抗はなくなったが、さらにステップアップする為に何をすればいいんだろう」といった方におすすめできる物だと思います。

単語なら単語、リスニングならリスニングといった勉強方法もあるかもしれませんが、私はバランスよくそれぞれを勉強した方が、飽きずに全体的にレベルアップしていけるのでおすすめです。

【英会話教材ランキング3位】基本からわかる英語リーディング教本

  • 購入金額:1600円
  • 総合評価:★★★★
  • 項目別評価
    ・内容は自分に合っていたか ★★
    ・解説はわかりやすかったか ★★★
    ・学習は継続しやすかったか ★★
    ・サポートは充実していたか ★★★★

こちらの教材は、リーディング力を身につけたいと思っている方におすすめする教材です。ただ一つ、本当に英語を必要としていたり、何があろうと英語をおぼえてやるんだ!といういう熱意がないと、続かない可能性があるという事は言っておきたいと思います。著者も「このやり方でリーディング力は身につくが、半数は続かない」のような趣旨のコメントをしています。

実際に読んでみて感じる事は、筆者の説明したい(理解させたい)レベルに追いつく事が簡単ではないという事です。諦めず長期間正しい活用をする事ができる人には上級者へのステップアップを可能にするものだと思います。

私はこの本は挫折してしまったのですが、続ける事ができれば、理論的に英語を理解する事が出来るようになるだろうと感じました。私には合いませんでしたが、熱意をもって続けられる方には良書となる可能性を秘めた教材だと思います。

【英会話教材ランキング2位】DUO 3.0

  • 購入金額:1300円
  • 総合評価:★★★★
  • 項目別評価
    ・内容は自分に合っていたか ★★★★★
    ・解説はわかりやすかったか ★★★★★
    ・学習は継続しやすかったか ★★★
    ・サポートは充実していたか 評価なし

日本でもっとも売れている英語教材といえば、このDUO3.0ではないかと思います。私はある程度英語に対して抵抗がなくなってからこちらの教材を購入しました。重要単語1600語と熟語1000語を、重複なし560本の英文に凝縮させましたと著者コメントにありますが、膨大な単語、熟語を、例文の中に余すことなく閉じ込めたものです。

私が実際に使ってみて感じた事ですが、初心者の方に向く内容ではないという事です。解説はとても丁寧なのですが、中学レベルの文法が理解できていないと解説を理解できません。英語を始めようと意気込んでこちらの教材を使うと、むしろ何から手をつけていいかわからず、英語に対し抵抗が出来てしまうような気がします。

ある程度の文法を理解してからだと、海外でよく使われる言い回しを繰り返しCDを聞きながら口ずさむ事で、頭に入り、ちょっとした時に例文がパッと出てくるようになると思います。あくまで中級者が単語、熟語をレベルアップさせ、文法を細かく理解せずとも言い回しが思い浮かぶようになるといったイメージで使用されることをおすすめします。

【英会話教材ランキング1位】超低速メソッド英語発音トレーニング

  • 購入金額:1000円
  • 総合評価:★★★★★
  • 項目別評価
    ・内容は自分に合っていたか ★★★★★
    ・解説はわかりやすかったか ★★★★
    ・学習は継続しやすかったか ★★★★
    ・サポートは充実していたか ★★★★

私がもっとも気に入っている良書です。英語教材の音源を聞いているといつも感じる事なのですが、舌の動きをわかりやすく発音して欲しいという事です。それぞれに英語を学ぶ上で目標があると思うのですが、私はリーディングは勿論のこと、海外の方と英語でコミュニケーションをとりたいという思いが強くありました。ですが、正しく発音することが難しかったのが現状です。舌の動きに戸惑う事があるからです。

こちらの教材は、舌の動きをナチュラルに英語を話している体でゆっくりと発音してくれます。聞き込み、丁寧に真似をし続けるところから始めたのですが、あるタイミングから、英語を話している時にあった舌の動きに戸惑う事がなくなりました。録音して後で聞き返したりもするのですが、昔に比べ明らかにネイティブよりの発音が出来るようになったと思います。発音トレーニングを求めている方には一押しの良書です。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする