ネイティブの人と話をしたときに聞き取ってもらえなかった…

mi8dearz_ネイティブの人と話をすると_1Q. ネイティブの人と話をすると、発音が悪くて聞き取ってもらえず、恥ずかしい気持ちになりました。どうしたら発音がよくなって、相手に聞き取ってもらえるのでしょうか?

A. 聞き取ってもらえない原因は、発音の良し悪しではありません。

まずは、安心してください。英語を話すのに、発音が正しくなければ通じないということはありません。もちろん、正しい発音が聞き取ってもらいやすいのは確かです。しかし、英語は世界中の様々な国の人々が使用する言語です。一般的にイギリス英語と呼ばれるような、アメリカ英語と異なる発音があるように、使用する人によって発音に違いがあるのは当たり前なのです。言ってみれば、日本の方言のようなものですね。同じ日本語であっても、地域によって、単語そのものやイントネーションが多少変わってきます。しかし、わたしたち日本人はそれなりに意味を理解し、会話をすることが可能ですよね。

「伝えたい」その気持ちが大切

mi8dearz_ネイティブの人と話をすると_2言語問わず、自分の話している内容を相手に理解してもらうために意識したいこと、それは「伝えたいという意思を示す」ことです。要するに、「言いたいことを伝えようとすること」が、最も重要になってきます。

では、今回のケースを振り返ってみましょう。ネイティブの人と会話をする中で、話の内容を理解してもらえなかった、または、聞き取ってもらえなかった原因はどこにあるのでしょうか。

これは、日本人の英語学習者によくありがちな「自信のなさ」です。発音の良し悪しや、文法のミス、時制の一致などを気にするあまり、声が小さくなったり、ぼそぼそと会話をしていませんか。また、日本人は、表情の表現力レベルが低いと言われています。表情から感情を読み取ることができず、声も小さくぼそぼそしていて、何を話しているのかわからない。これでは言語が何であろうと、伝わるはずがありませんね。

必要のない劣等感を捨てて、ポジティブに!

mi8dearz_ネイティブの人と話をすると_3英語を話している人々は、ポジティブ、且つ、良い意味でアバウトな感覚を持っていると言えるでしょう。それが「言いたいことが伝わればよい!」というセンスです。前述したように、発音が悪い、文法が間違っているかもしれない…という不安や劣等感は必要ありません。もちろん、英語を学び始めた段階では、たくさんの間違いがあります。これは誰もが等しく通る道です。しかし、この段階で間違いを恐れていては先に進むことはできないのです。

まずは、はっきりと!ボディランゲージや表情を使って、自分の伝えたいことを、相手に届ける努力をしてみましょう。始めは単語を並べるだけでもOKです。次第に、相手とのコミュニケーションを取るためのコツが掴めてくるはずです。あなたの一生懸命さは、必ず相手の心に届きますよ。

The following two tabs change content below.
quest4beauty

quest4beauty

ハワイ在住。ハワイへ移住する前は、英語が一切話せませんでした。英会話教室に通った経験もあります。いまは日常会話に不自由しませんが、それでも悩みや疑問は絶えないので、ネイティブの知人に相談したりしています。そんな私の経験などをお伝えできればと思います。
スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加